オーストラリアの医療機関と診療の流れ

 

一般開業医 GP(General Practitioner) 
風邪の症状をはじめ、皮膚のトラブル(乾燥肌・アトピー・肌荒れなど)、ケガ、精神不安、目や耳の症状(ドライアイ・アレルギー症状・中耳炎など)、小児科系、婦人科系の症状など、歯科を除いた全科の診療を行います。専門的な診療が必要と判断した場合は、専門医や総合病院への紹介状を発行します。緊急の場合は、病院(Hospital)の救急外来を直接受診してください。

専門医 Specialist 
皮膚科医、眼科医、耳鼻科医等、各科に分かれており、それぞれ専門分野の診療を行います。通常は一般開業医の紹介により通院します。

 

病院 Hospital
専門的な検査を行ったり、手術や入院に必要な設備が整っています。通常は一般開業医の紹介により通院しますが、ほとんどの病院には24時間体制の救急外来(Emergency)があるため、緊急時は直接病院で診療を受けることもできます。

検査機関 
血液検査やX線、超音波検査等を受けられる機関で、一般開業医や専門医によって発行される依頼書に従って検査が行われます。クリニックや病院に併設されている場合もあれば、別の場所に位置している場合もあります。

 

薬局 Chemist/Pharmacy
処方箋の必要ない薬は「Over-the-counter medicine」と呼ばれ、直接薬局で購入することができます。処方箋が必要となる薬は「Prescription medicine」と呼ばれ、一般開業医や専門医から出された処方箋を持って薬局で購入します。

 

救急車 Ambulance
救急車を必要とする緊急の場合は「000」へ電話をし、オペレーターに救急車が必要な旨を伝えます(警察、消防と共通の番号であるため)。オーストラリアの救急車は有料ですので、救急車の費用をカバーする保険にご加入でない場合、費用はご自身負担となります。